2010年03月13日

書籍『映像メディアのプロになる!』目次

はじめに、もしくはアバンタイトル

第1部 映像メディアの「構造」

 1章 映像メディアのゆくえ
     ・映像の未来は広がる?
     ・テレビは“終わった?”
     ・広告費が示すメディアの凋落
     ・テレビ凋落説の正体
     ・テレビ凋落は自業自得?
     ・テレビの価値の“相対的低下”
     ・テレビ産業の人材の枯渇
     ・「なんちゃって……」の凋落
     ・選別される時代
     ・ハードの“民主化”が引き起こしたもの
     ・映像メディアのゆくえ
【コラム】ギョーカイ用語はホントに使われているのか?

 2章 テレビ産業の構造
     ・テレビ番組の作られ方
     ・番組パターン@:人材の派遣
     ・番組パターンA:部分の制作
     ・番組パターンB:パッケージ(完成品)の納品
     ・テレビを“制作しない”テレビ局
     ・制作現場への「お金」の流れ
     ・問題を生み出す構造
【コラム】海外取材の掟 その壱 コーディネーターって?

 3章 メディア産業の“人”と“仕事”
     ・テレビ番組制作の「人と仕事」
     ・責任者が2人?
     ・テレビのシゴトの人間関係
     ・テレビのシゴト
       ■プロデューサー
       ■デスク、アシスタント・プロデューサー(AP)
       ■ディレクター
       ■カメラマン
       ■ビデオ・エンジニア(VE)
       ■編集マン
       ■音響効果マン
       ■放送作家
【コラム】海外取材の掟 その弐 海外ロケ時の必需品

 4章 番組制作の契約と権利
     ・放送管理と制作業務の分離
     ・番組制作会社の誕生
     ・「思想」を持った日本最初の制作会社
     ・番組を見ると契約関係がわかる?
     ・番組制作のプロセス
【コラム】海外取材の掟 その参 北北西で電気を確保せよ

 5章 視聴率の仕組み
     ・視聴率を取る方法?
     ・視聴率のビジネス的利用
     ・視聴率の社会調査的利用
     ・視聴率の歴史
     ・視聴率の測定方法
     ・視聴率が高い番組
【コラム】海外取材の掟 その四 気合いで喰え

第2部 映像メディアの「技法」

 1章 企画
     ・企画はハンドメイド
     ・ディレクターは特殊な人間?
     ・「面白い企画」を立てるために
     ・企画の立て方・考え方
     ・企画書の書き方
     ・企画書のかたち
     ・企画書を具体化する
【コラム】AD(アシスタント・ディレクター)残酷?物語

 2章 構成
     ・ロケハンとは何か?
     ・構成を立てる
     ・ロケ台本を作る
     ・絵コンテの意義
【コラム】極限!テレビ制作ショーゲキのウラ側 ここは戦場か 前編

 3章 撮影
     ・カメラワークの基礎
1、動くものは止まって、止まったものは動いて
2、三脚を使う
3、「引き」と「寄り」
4、「アップ」「バスト」「フル」とその適正時間
5、パンとズーム
6、レンズの種類
7、音声も忘れずに!
     ・撮影の心得〜応用編〜
1、映像は光の芸術
2、被写界深度とレンズの関係
3、人物を撮る場合のカメラアングル
4、撮影してみましょう
【コラム】極限!テレビ制作ショーゲキのウラ側 ここは戦場か 後編

 4章 原稿
     ・試写(ラッシュ)
     ・キャプション作成
     ・撮影メモをつける
     ・取材メモは真っ黒に
     ・ナレーション原稿の構成と作成
     ・映像作品の要素を考える
【コラム】極限!テレビ制作ショーゲキのウラ側 伝えるということ

 5章 編集
     ・編集は「料理」だ!
     ・リニア編集とノンリニア編集
     ・ジャンルによる編集の違い
     ・編集の考え方と基礎用語
     ・編集の手法
     ・編集のテクニックと表現
     ・見やすく仕上げる〜テロップ〜
     ・編集のヒント
【コラム】極限!テレビ制作ショーゲキのウラ側 時計が止まった日

 6章 音と映像
     ・映像に「音」があるのは当たり前?
     ・映像における「音」の意味と意義
     ・音響効果の技法
     ・ナレーション〜声を演じるということ〜
     ・ディレクターは“指揮者“
【コラム】3人の師匠

 7章 公開
     ・放送〜視聴者のもとへ〜
     ・生放送番組とパッケージ番組
     ・生番組はどうやって放送されている?
     ・デジタル化の潮流
     ・インターネット放送
     ・"誰でも放送局"の時代へ

 業界用語集
 おわりに、もしくはエンディング
 監修者より

cover002.jpg
映像メディアのプロになる!---テレビ業界の実像から映像制作・技法まで
posted by eizomedia at 05:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 目次