2010年02月28日

【推薦】企画書作成の実践的技法

現在某局ニュース番組のチーフADをやっている杉井と言います。

私の番組ではADからディレクターに上がるには
企画のVTRを自分一人で一本作ることが条件となっており、
日々の仕事に追われながらも常に企画のことも考えている状態です。

その企画のプレゼンテーションの際に最も重要なポイントは
いかに企画の独自性や面白さなどを理解してもらうか
です。
どんなに魅力がある企画書でもそのプレゼンテーション次第では
ボツになってしまう可能性もあります。
また、もし企画書が通っても実際の撮影によっては企画の意図が
伝わらないこともあります。

では、どうしたら人を惹き付ける企画書が書けるか、いかにその企画書の面白さを映像で表現するか、そんな実践的なコツが鏤めてある本です。

学生の方にはピンと来ないところも多くあるかと思いますが、
将来映像業界を目指すにあたり是非一読をお薦めします!


                                    杉井真一
posted by eizomedia at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | D/AD日記

2010年02月27日

ドキュメンタリーとしての「封印された三蔵法師の謎(仮)」其の一

みなさん、こんにちは。
「映像メディアのプロになる!」著者の奥村健太です。

ようやく番組名が解禁になったので、安心して呟くことができます。
解禁、というのにはワケがあって、もちろん企画自体を他局にパクられないように、というのが一番大きいのですが、なぜか今回の特番には「テレビ東京開局45周年記念番組」という冠が付いています。
よくテレビ欄とかでも見ると思いますが、この冠がつくと、「なんか凄そう」というイメージの他に、色々と関係各所の調整が必要となり、もろもろメンドクサイことこの上ないのです。
番組名も、社長が会見で発表するのがならわし、とか。
ということで、発表が遅れていました。

番組のランクも、業界的には、まぁ、高い方なのではないでしょうか?
このご時世にも関わらず、一年以上かけて世界中を飛び回っているし、何と言っても旅人が役所広司さんですからね。
まー、今からパクれるもんならパクってみぃや!という感じなのです。

これから○時間の特別番組、プラスメイキング番組の編集に突入するわけですが、この一年の足跡を予告代わりに掲載しておきます。もちろんこれが全てではありません。もっと他の国にも行っていますんで。
写真を眺めて、どんな番組になるか、想像してみるのも面白いかもしれません。写真は、クリックすると拡大しますよ。

中国・西安 大雁塔にて
西安0812@陝西省 (6).JPG

中国・河南省 黄河にて
黄河@河南省.JPG

中国・甘粛省 トングリ沙漠にて(氷点下20℃)
砂漠@甘粛省 (15).JPG

中国・新疆ウイグル自治区 この数日後に暴動が…(50℃)
0906新疆ウイグルロケ (10).JPG

キルギス共和国 遊牧民の暮らしに密着
キルギス・夏.JPG

ウズベキスタン 取材クルーと珍しくパチリ
キルギス・夏.JPG

キルギス共和国 極寒の雪山は5000m級ばかり。(氷点下30℃)
キルギス・冬.JPG

バングラデシュ ジャングルの奥で出会ったのは…
チッタゴン.JPG

インド 仏教の聖地・ブッダガヤ
ブッダガヤ.JPG


まぁ、色々ありましたが、こんなご時世だからこそ「本格的なドキュメンタリー番組」を目指します
「映像メディアのプロになる!」にも書きましたが、視聴率を取るために似たような番組ばかり作り続ける、この業界に一石を投じる番組にしたいと考えています。

もちろん、視聴率も取りますよ。
「本物」が評価されるキッカケになれば良いと思っています
そのあたりを、このブログで綴っていけたらと…。

それでは今日はこの辺で。


「映像メディアのプロになる!」予約受付中でーす。
http://bit.ly/eizomedia
posted by eizomedia at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥村日記

2010年02月26日

特番タイトル告知です。(&Twitter)

皆さん、こんにちは。
「映像メディアのプロになる!」筆者の奥村健太です。

現在、制作中の番組名が解禁になりましたので、お知らせです。

テレビ東京開局45周年記念番組
「封印された三蔵法師の謎(仮)」旅人:役所広司
 
三蔵法師が平和の経典を求めた過酷な旅。
役所広司、ドキュメンタリー初挑戦!
1400年の時を経て、今、解き明かされる謎の数々・・・
7ヶ国、1年以上にも及ぶ大ロケーションを敢行!
超大型ドキュメンタリー番組、今春、放送予定!!


・・・みたいな感じです。
番組の情報も、このブログで徐々に告知していきますので、
興味のある方はフォローしてみてください。

ついでにツイッターもはじめてみました。
興味がある方は、こちらもどうぞ!
http://twitter.com/KentaOkumura
ヒマな時は、ブツブツ言ってます。


「映像メディアのプロになる!」予約受付中でーす。
http://bit.ly/eizomedia
posted by eizomedia at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥村日記

2010年02月25日

制作進行中!『映像メディアのプロになる!』ができるまで004

新宿歌舞伎町。とある居酒屋――

藤崎:カバーと帯もきまり、入稿しました。
奥村:いや〜、お疲れさまでした。乾杯しましょうか。
千種:もう、呑んでるじゃないですか(笑!

全員:かんぱ〜い(笑!!! 

P2240001.jpg


で、カバー、帯はこのようになりました。
書店で見つけましたら、お手にとって、ぜひレジまで!


・・・・・・・・・・・・・

   映像メディアのプロになる!
   〜テレビ業界の実像から映像制作・技法まで〜

   プロフェッショナルへの道はこの一冊から――

   産業、エンターテインメント、
   そして何より仕事の世界として
   魅力的なのはなぜか?

   ◎プロもこっそり読みたい業界用語集つき
   ◎残酷? 極限! 汗と涙の裏事情コラムも


cover003.jpg





posted by eizomedia at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日記

2010年02月24日

ドライリハ

「ドライリハーサル」の略
単にドライ、と呼んだりもする。
カメラを回さずに実際の動きを試してみること


※『映像メディアのプロになる!』の業界用語集を特別抜粋。
業界人も参考にしている!?


「映像メディアのプロになる!」予約受付中!
http://bit.ly/eizomedia

posted by eizomedia at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界用語集

2010年02月23日

デイシーン

昼間をイメージした場面のこと
夜ならばナイトシーンだ。


※『映像メディアのプロになる!』の業界用語集を特別抜粋。
業界人も参考にしている!?


「映像メディアのプロになる!」予約受付中!
http://bit.ly/eizomedia
posted by eizomedia at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界用語集

2010年02月22日

順撮り

ドラマ等の撮影において、カット、あるいはシーンの順番通りに撮影していくこと


※『映像メディアのプロになる!』の業界用語集を特別抜粋。
業界人も参考にしている!?


「映像メディアのプロになる!」予約受付中!
http://bit.ly/eizomedia
posted by eizomedia at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界用語集

2010年02月21日

【推薦】「映像メディアのプロになる!」は素晴らしいナビ

僕の知る限りではありますが、
奥村氏は間違いなく天才ディレクターの一人。
その彼の創造のスキルが惜し気もなくここに展開されている。
業界を目指すのにこれほど適切な地図はないでしょう。
素晴らしいナビがここにあった!

斉藤茂一(ナレーター)
posted by eizomedia at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 各界からの推薦

2010年02月20日

MPEG

「えむぺぐ」と読む。
国際標準のデジタル圧縮様式のこと。画像で言えばJPEGである。


※『映像メディアのプロになる!』の業界用語集を特別抜粋。
業界人も参考にしている!?


「映像メディアのプロになる!」予約受付中!
http://bit.ly/eizomedia
posted by eizomedia at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界用語集

2010年02月19日

F3層

視聴率の集計区分の1つ。女性の50歳以上
ドラマ「水戸黄門」やグルメ番組をこよなく愛する人々
また各局の夕方のニュース番組は、F2・F3層を強く意識した作りになっている。


※『映像メディアのプロになる!』の業界用語集を特別抜粋。
業界人も参考にしている!?


「映像メディアのプロになる!」予約受付中!
http://bit.ly/eizomedia
posted by eizomedia at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界用語集